厨房機器を買取に出そう|意外と高値で売れる

男の人
  1. ホーム
  2. プラスチックを再資源化

プラスチックを再資源化

eco

種類によって異なる価格

ペットボトルや包装容器、フィルムや結束バンドをはじめ、各種工場や事業所からは大量の廃プラが排出されます。そのまま捨てれば産業廃棄物となり、処理コストがかかりますが、専門の買取業者に頼めばゴミをお金に換えることができます。回収された廃プラは石油製品としてリサイクルされるため、地球環境保護にも役立ちます。一口に廃プラといっても、ポリエチレン・ポリプロピレン・アクリル樹脂など何十種類もあって、それぞれ買取価格が異なります。高密度ポリエチレンなどは比較的高額で買取可能ですが、リサイクル不能で値段がつかない種類もあります。また業者によっても取り扱っている品目が違う場合があります。買取価格の相場は受給状況によって変動するため、まず査定を受けてみましょう。廃プラ買取サービスを利用するには、電話やメールで業者に連絡し、種類と数量を伝えて見積を取ります。ほとんどの業者で、見積までは無料になっています。買取が決まったら、廃プラを業者まで持ち込むか、引き取りに来てもらうかを決めます。無論持ち込んだほうが、買取価格は高くなるでしょう。取引終了後、廃棄物処理の証明書を忘れずに受け取ります。廃プラの買取価格を上げるには、種類ごとに分けておくことが大切です。異種のプラスチックが混入していると、分別の手間がかかるだけ値段が差し引かれます。また紙のラベルが貼ってあったり、汚れが付着していたりすると、価格が下がることがあるので注意してください。